エコウィンハイブリッドシステムの夏の効果

2019.7.23

エコウィンハイブリッドシステムの夏の効果

ゼロ宣言住宅に標準装備となったエコウィンハイブリッドシステムの夏の効果をご説明します。

輻射式冷暖房システムエコウィンハイブリッドシステム

冬の効果はこちらをご覧ください。 輻射式空調システム エコウィンハイブリッド

機械とは違うエコウィンハイブリッドシステム

エアコンには外に室外機があります。その室外機の冷媒管で夏は空気を冷やして、エアコンから涼しい風が出る仕組みです。逆に冬は冷媒管で暖めた空気が出ます。 エアコンのみだと冷風が体にあたり皮膚の表面や足元から冷えていきます。しかし、エコウィンハイブリッドシステムですと、風は出ないのに、涼しく感じるのです。それは、熱移動の原理が働いているからです。夏のエコウィンハイブリッドシステムの冷媒管は18度くらいになっています。壁、床、家具、人の体温がエコウィンハイブリッドシステムに移動する。それによって、室温が下がって、人も涼しくなる。風が出ないが、体にとっては穏やかにゆっくりといい環境にいられるのです。

エアコンは風が出ます。その風で、埃が巻き上がったり、対流式の場合、冷気が床に沈んでしまって、足だけ寒い状況です。部屋の中でも、室温差が出てしまいます。エコウィンハイブリッドシステムなら室温差がほとんどありません。エコアンの欠点をこれで補えるのです。

夏のエコウィンハイブリッドシステムの特徴

湿度が高い夏。湿度が高いと体感温度が上がってしまって健康にも良くないし、室内環境は悪くなってしまいます。夏のエコウィンハイブリッドシステムを見ると、結露しています。それはなぜなら、湿度を吸っているからです。エコウィンハイブリッドシステムは部屋の湿度を取りつつ、温度も下げる機能があるのです。しかも、エコウィンハイブリッドシステム自体に電気代はかかりません。

一覧へ戻る





Copyright © BIKUKAN-KOBO All Rights Reserved.

< メインメニューに戻る
< メインメニューに戻る
< メインメニューに戻る