免疫力と家づくりの関係

2020.3.30

今、新型コロナウイルスで世界は大変なことになっています。その中でたびたび耳にする「免疫力」。免疫力と家づくりが関係しているとは思わないかもしれませんが、大いに関係しているのです。

 

免疫力を下げる家

VOC (揮発性有機化合物。例えば、ビニールクロスを貼るための接着剤など)やMVOC(カビから出る微生物由来揮発性有機化合物)が発生する家。また、ダニのふんや死骸も病気にかかる原因です。
断熱の悪い家。冬の室温が下がると体温が下がるので、血流が悪くなり、免疫力を下げる要因につながります。
電磁波、LED。電磁波やLEDの有害性は免疫力を下げると言われています。

 

免疫力を上げる家

免疫力を下げる家の逆です。

VOCが出ない。カビが生えにくい。ダニが住めない家
住宅に使う材料をしっかり考えてください。例えば、ビニールクロスや合板を使わないなど。壁は100%漆喰、床は無垢のフローリングといった本物の自然素材を使うことが大事です。カビ、ダニについても使う素材で変わります。

湿気のことまで考えた断熱
断熱も以前よりは良くなってきていますが日本の風土である「湿気」のことを考えていません。ほとんどが、エアコンなどの機械に頼っています。しかし、ゼロ宣言の家は一年を通して機械に頼らなくても湿度50%に近い家です。

電磁波に対応している家
電磁波も、減らす工夫をしているハウスメーカーもありますが、なかなか難しいのが現実です。そんな中で、電磁波ができるだけでないように減らす考え方と、電磁波そのものを悪いものからいいものに変える考え方があり、ゼロ宣言の家は両方を採用しています。

 

電磁波の質を変える製品

MINAMIPLATE

これは、既存の分電盤にセットすることで、電磁波の質を変えることができます。LEDについてもこれを通すことで、安全なものに変えることができるのです。
さらに、いい効果も。
・電磁波の量自体を減らせる
・電源高調波低減により、エネルギーロスが低減
電化製品は電気の波があります。それが乱れることによって、電気代や、電化製品の寿命に影響を与えていました。そしてそのノイズをカットすることで電気代が約3%下がり、電化製品の寿命が1.3〜1.5倍延びると言われています。 人にもお財布にも優しい製品です。

バックストーム

置くだけで電磁波・地磁場を改善します。世界初のカーボンマイクロコイルとテラヘルツ技術が結合した製品です。これを置くことによって、半径50mの電磁波をカットできるのです。

CMCペンダント

カーボンマイクロコイルが入っていて、有害な電磁波を害のないようにカットします。その効果は半径5m。新幹線、ハイブリット車の電磁波から身を守ることができます。
製品についてのご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

こちらも是非ご覧ください。
意外に知らない「電磁波」のこと
LEDライトを安全に使うには
分電盤「MINAMI」で悪い電磁波を良い電磁波に

一覧へ戻る





お電話・メールフォームからのお問い合わせやご相談はお気軽にどうぞ。

Copyright © BIKUKAN-KOBO All Rights Reserved.

< メインメニューに戻る
< メインメニューに戻る
< メインメニューに戻る